2006年10月18日

ありがとう

今日の日記は めちゃくちゃかも。


頭の痛くなりそうな人は ここで終わりにしてね。




P1040859.JPG


何の前触れも無くやってきた フェレ友。

見れば 手に 綺麗なアレンジメントの花を持っていた。

そう、今日は 「ごじゃ」の命日だった

別れも言わず、ごじゃ が旅立って もう2年が過ぎた

あの日、あまりに早い旅立ちに言葉も無く ただただ、現実を受け止めるしか出来なかった自分。

突然の別れは辛かった。

さよならでも無く ありがとうでも無い、突然の別れは辛すぎた。


あれから、2年経った今でも、あの時の経緯は お世話になった地元の主治医にさえ言うことが出来ず、今に至る



sukya00281.jpg



ごじゃ と私が出合ったのは、私が お世話になっている方の所に遊びに行った時だった。

「三四郎君に そっくりな子が居るのよ」

そう言われて抱かせてもらった子は 何処をどう見たら、三四郎に似ているのは聞いてみたいほど、

困った へたれな顔をしていた。

「可愛いでしょ、麻呂眉があるから、まろちゃん よ」

ご丁寧に名前まで付いていた その子は気が付けば、一緒に新幹線に乗っていた。

しかも、新幹線の中で ぶえぶえ鳴き。

仕方無く デッキに出て、抱っこしていたっけ。



sukya0038.JPG


夏の暑い時で おまけに食が細い子だった。

毎日 計る体重も あまり変化無く、しばらく給餌をしていたら、すっかり甘えん坊で
益々、へたれになってしまった。

大人しい子だった。

他の子と争うことなど無かった子で誰とでも仲良く出来る子だった。

でも、賢い子だった。

名前を言えば 何処に居ても称呼が可能だった。

そして、ノーリードで散歩にも行けた子だった。




Dscf0047munenonaka1.jpg


そして 車に乗って お出かけするのが好きだった。

「出掛けるよ、トイレしな」

そう言うと、トイレを済ませ、車の中の自分の定位置で、いつも大人しくしているような子だった。


つくちゃんが逝ってからは 益々、私の傍を離れることは無かった。

本当に、いつも一緒だった。

他の子の病院。買い物。旅行。

とにかく一緒だった。



でも、私は、ごじゃ の最後を看取ってあげる事が出来なかった。

あれだけ一緒に居た子の最後を看取ってあげる事が出来なかった。

それが、自分の中で許せなくて、自分を責めた。

そして、ごじゃ が居ない現実を忘れるかのように気持ちを封印した。


でも、ある日、おお次郎に バイトをあげて居た時、美味しそうにバイトを食べる おお次郎の顔と、 ごじゃ の顔がダブった。

気が付くと泣いていた。

泣くつもりなんか無かったのに泣いていた。

そして、

「本当は 自分が ごじゃ に支えてもらっていたんだ」

そう改めて思った。



DSCF000912.jpg


ごじゃ は私に とても大事なことを 教えて行ってくれた。

当たり前だけど、忘れてしまいがちなことを教えて行ってくれた。

そう 一番 大事なこと。

最後まで一緒に居るということ。

最後まで一緒に居たいということ。

家が一番なんだということ。


DSCF01031.jpg



以前、ワンちゃんの飼い主さんに

「私は @@さんのように強くはなれない。たった1匹の子と別れただけで ペットロスになる。」

そう云われたことが有る。


悲しいからペットロスになるのではない。

ペットロスにならないから 強い訳でも無い。


飼い主が踏ん張らなくては 他の子が体調を崩す。

そうわかっているから、飼い主が踏ん張らなくっちゃならない時もある。

それが現実。

鼻水 垂らしながら、涙 流しながらだって踏ん張らなくっちゃならない時もある。

それが飼い主。

そして、そんな飼い主を支えてくれるのは残った子たち。

感謝してる。

こんな めちゃくちゃな飼い主でも慕ってくれるこの子たちに いっぱい感謝している。

そして、ごじゃ を可愛がってくれた人にも いっぱい感謝している。

夜、遅い時間に 病院で ごじゃ を見送ってくれたフェレ友にも いっぱい感謝している。



ありがとう。


あの日、あの時、これまで云えなかった事を今日、言えた。


ありがとう。

ニックネーム いち♪ at 23:27| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全てを読ませていただきました。
とっても悲しい想いもありますが
これからのいちさんが今いるフェレ
ちゃん達に対しての強いメッセージ
でもあるような、そんな気もしてきた。

人も動物もみな一緒ですよ。
看取れなかったのはツライです。
でもその感覚とっても大事ですね。
私もずっと持ち続けていますよ。
過去も今も未来もずっとずっと。
Posted by まえちゃん at 2006年10月19日 00:39
今日はごじゃたんの命日だったのですね。
ごじゃたん、今日はおうちに帰って来て
のんびちいちさんのそばでいちさんに甘えていたかもしれませんね。
フェレはこんなに小さな体なのに
私達にとても大切なことを
たくさんたくさん教えてくれますよね。
私もジョーくん、ポンちゃん、和志、学達に
いつもたくさんのことを教わっています。
彼らが教えてくれたことを大事に生かしていく事が
彼らへの恩返しではないかと思っています。
ごじゃたんはいちさんと一緒に過ごせて
本当に幸せだったと思います。
ごじゃたんが伝えたかったこと、いちさんは
ちゃんと受け取っているんですもの。
来世でもそのまた来世でも、ふたりはきっと
めぐり合えることでしょうね^^
Posted by あけりん at 2006年10月19日 01:08
そっか…ごじゃたんが亡くなって二年か。
もう二年…まだ二年と複雑な思いわかります。
不意に気づかず流れてる涙も本当にわかる。

ごじゃたんにありがとう言えて良かった。
のんびり空から遊びに来ていたのでは?


つわりが来たらしく、ひたすら二日酔い状態ですわ。動物のうんぴっぴより食べ物のにおいのが嫌だと旦那に話したら、変わったヤツだと言われたわぁヾ( ´ー`)
Posted by しず at 2006年10月19日 08:57
 胸に染みるとても良いお話でした。ごじゃちゃんの存在感がまた増しましたね。ポン太にも励みを、ごじゃちゃんといちさんが与えてくれました。有り難う!いちさん。
Posted by ポン太 at 2006年10月19日 09:42
かけがえのない大切な家族を亡くすことは、身が切られるような気分です。
時間が解決してくれるとは言うけれど、そうそう心の悲しみは癒えるものじゃない。

私はその子の思い出を大切にして、今いる子達にめいいっぱい愛情を注いでいけたらいいなって思いながら過ごしています。
きっとごじゃたんも今のいちさんの姿を、嬉しく思ってくれてるはずです!!
このBlogにはいちさんの大好きなフェレちゃん達の愛情いっぱい詰まっています。
大きな愛情を感じます。
Posted by ふぅ at 2006年10月19日 14:39
いちねぇ 昨日は突然 お邪魔してごめんね
夕飯までご馳走になってありがとう

あいつ いい奴だったよね
本当に いい奴だった
俺の中にも 今でも思い出いっぱい詰まっている
だから、俺からも 「ありがとう」っていうね

フェレットって不思議な動物だよね。
小さいのに存在感いっぱい。
なんで、こんなに ハートを占領できるんだろうね 
Posted by しおん at 2006年10月19日 18:39
(´;ω;`)ウッ…
いつか別れはくるもので、
今までその子の成長をみながら一緒に自分も成長してきたのに
その子の最後をみとれなかったのはすごくすごく辛いことだね
Posted by マリオ at 2006年10月19日 21:50
心からのありがとうを。
ごじゃちゃんに。
そして、いちさんに出会ったことに。
Posted by 圧 at 2006年10月20日 01:11
>まえちゃん

これまでも、一緒に生活してきた子から、教えてもらった事って たくさん有った。
でも、それって普段は気が付かないことなんだよね。
当たり前なのに何故か忘れていること、でも、とっても大切なこと。

さくらちゃんは幸せだよね。
優しいまえちゃんと一緒にいられて。
最高に幸せだよね。。。

ありがとう
Posted by いち at 2006年10月20日 08:13
>あけりんしゃん

2年経ってもね。
まだ、居ないって感じがしないのよね。
今でも、膝の上に乗って まったりしているのかも。

一緒に歩むスピードを少し落とすと、いろいろな事が伝わってくるんだよね。
いつもは気が付かなかったこと、とっても大事なこと。

あけりんさんは可愛い子たちから、いろいろな事、教えて貰っているから、人にも優しくなれるんだろうね。

絆の強い人は来世で お互いが どんな姿になろうとも また巡りあうって云うよね。
そう有ってほしいなぁ〜

ありがとう。
Posted by いち at 2006年10月20日 08:19
>しずちゃん

早いよね。
気が付けば もう2年。
ごじゃ が元気な時には しずちゃんにも良く可愛がってもらったっけ。

ありがとう

今は空の上で つく と仲良くやっているかな。
しずちゃんち、ラルゴとかも一緒でさ。
みんな揃って 空の上から、
「うちの母ちゃんは相変わらずだなぁ」とか呆れているかもね。

w( ̄△ ̄;)wおおっ!。来たか<二日酔い状態(笑)
2人目は どうしても無理するけど少しでも体調が優れなかったら、横になって休むんだよ。
体の調子の悪い時は神様と、赤ちゃんが
「お母さん、無理していますよ。休んでくださいね」
そう云っているのだから。

動物の匂いは気にならないのよね。
私も平気で匂い嗅ぎまくって トイレ掃除もへっちゃらだったさ。
Posted by いち at 2006年10月20日 08:33
>ポン太さん

ポン太さんも、一生懸命、闘病しているから、辛いことも多いよね。
でも、そんな 一生懸命なポン太さんだから、ポン太さんち子は安心していられるんだろうね。

愛情もいっぱい、絆もいっぱいだね。

ごじゃたんは 大人しかったけど、存在感有ったのよね。
今でも、ハートの中で存在感いっぱいさ。

ありがとうね
Posted by いち at 2006年10月20日 08:41
>ふぅさん

出会いがあって、別れがあって、また出会いが有って・・
だから、頑張れるのかもしれないね。
だから、踏ん張れるのかもしれないね。
こうやって ふぅさんと出合えたのも みんな この子たちのお陰だよね。

うちは年齢も近かったせいか一昨年から、空に逝ってしまう子が多くてね。
一時は さすがにめげてね。
もう、フェレットは止めようって思ったこともあった。
でも、気が付けば、また大家族になって、毎日、たくさんの愛情を貰っていられる。
感謝しなくっちゃね。

ふぅさんにも、いっぱい感謝している。

ありがとう♪
Posted by いち at 2006年10月20日 08:46
>しおんちゃん

この前はありがとうね。
久しぶりに会えて嬉しかった。
お土産もありがとう〜
夕飯、いつでも食べによってね。腕振るわせていただきますわ(はーと)

笑って話せるようになっただけ進歩でしょ。
大丈夫。しっかり前を向いているし、ってか、後ろ、見ている暇ないのかも。
でも、これからも、時々は蹴って(笑)

ありがとう。いつも ありがとう
Posted by いち at 2006年10月20日 08:55
>マリオたん

マリオたん。
暖かいハートが大好きだよ。
だから、受け取って。
 (* ̄◎ ̄*)ぶっっちゅうううん♪

ありがとう♪
Posted by いち at 2006年10月20日 08:57
>圧ちゃん

圧ちゃんも、悲しくて辛い別れを経験したんだよね。
でも、前に進めたんだよね。
だから〜今は幸せかな。

そう、ありがとうなんだよね。

私も 優しい圧さんに出会えたから、

ありがとう。
Posted by いち at 2006年10月20日 08:59
出会ってからお別れするまでの、あっという間の時間の中には、
大切な想い出やたくさんの愛情が詰まっているのでしょうね。。。
ごじゃ君も兄弟達と、いちさんとその家族を見守っているのだと思います。
いちさんのブログを見ていると、たまに泣かされてしまいます(苦笑)
おいらもイタチと一緒に成長できればいいな、と思いました(笑)
ありがとう。って言えてよかったですね、いちさん(^ω^)
Posted by mogu at 2006年10月20日 10:57
どんなに可愛がっていようと、大事に思ってようとも、絶対自分より早く死んじゃうの解ってるんですけどね。
私もフェ〜と遊んでいると、毎日考えてしまうんですよね。それが嫌でずっと「ペットなんか飼うか」と思っていた私。でもそれでも、今この子を飼ってよかった、幸せだって思う。

いち♪さんもごじゃに会えて幸せだし、ごじゃもいち♪さんに会えて幸せだったと思う。
Posted by P助 at 2006年10月22日 22:49
>moguたん

フェレットの生涯って人に比べたら、あっと言う間なんだよね。
でも、思い出は すっごく たくさん置いて行ってくれちゃうのよね。
だから、ごじゃとの思い出も、いっぱいあるよ。
空から見守ってくれているのかなぁ
「また、あんな事ちて仕方ないでちゅ」とか言っているのかも。

あはは。。。そうでした。
moguさんは涙もろかったのよね。
それも優しさだよね。優しいから、人の話しで涙できるんだよね。

ありがとう〜
Posted by いち at 2006年10月23日 08:50
>P助さん

そうなんだよね・・
どんなに頑張っても自分が見送る立場なんだよね。

出会いって不思議だよね。
出合った時に 前に思っていたことなんか忘れちゃう。
だから、一緒に居て 楽しいし、愛しいのかもね。

P助さん、ありがとう〜♪

Posted by いち at 2006年10月23日 08:56